×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Youtubeで音楽を 由紀さおり

Youtubeの音楽をご存知ですか。
Youtubeの音楽を沢山ご紹介します。



由紀さおり

少女時代から姉の安田祥子と共に本名の「章子」名義で童謡歌手として活躍。1965年に歌手デビューを果たすも、まったくヒットせずしばらく停滞の時代に入るが、1969年再起をかけた「夜明けのスキャット」が当時の深夜番組でBGMとして使用されたことを機に大ヒットし、最終的には150万枚のミリオンセラーとなり、この年NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす(以降1978年・第29回まで10年連続場)。その後も「手紙」「生きがい」「故郷」「ルーム・ライト」「挽歌」「ふらりふられて」「トーキョー・バビロン」などの優れた歌謡曲を世に送り出し、その確かな歌声は「酔い覚ましの清涼剤」との評価を受ける。1973年には「恋文」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞した。

1980年代になると、主にテレビ司会者・女優・タレントとしての活躍が目立ち、彼女のマルチな才能が一気に開花した。1983年には松田優作主演の「家族ゲーム」でお惚けな母親役を好演し、日本アカデミー賞助演女優賞を受賞、1987年には朝の連続テレビ小説「チョッちゃん」で主人公の母親役を演じ、流暢な方言を披露し話題となった。 また、かつてフジテレビ系列で放映された『ドリフ大爆笑』などで、ザ・ドリフターズとコントで共演することが多く、ドリフメンバー(とくにいかりや長介)からはお笑いの「いろは」を数多く学び、ドリフの番組の中では、沢田研二同様、ゲスト歌手としては珍しくコントの「オチ」を任されることもしばしばあった。最近でもNHKの「コメディーお江戸でござる」(のち「道中でござる」)でも、レギュラーで出演し、芸人顔負けのコメディエンヌぶりを披露した。

1985年より姉・祥子と共に童謡コンサートをスタートさせ、徐々に歌手活動に再び重点を置くようになる。1986年には童謡アルバム「あの時、この歌」を発表し日本レコード大賞企画賞を受賞。童謡ブームの火つけ役となる。1987年には童謡歌手としてNHK紅白歌合戦に復帰し、以降2001年まで紅白の常連として出演した。なお、1992年にはトリを務めている。現在も各地で精力的にコンサートを行うと共に、近年では再び女優・タレントとしての側面が注目され始めている。

由紀さおり/由紀さおり2007全曲集


手紙-由紀さおり

由紀さおり・安田祥子/メモリアル100曲集 2000回記念


挽歌-由紀さおり
由紀さおり全曲集~35周年記念~コレクション1



槇原敬之の僕ら 槇原敬之の僕ら
チキンライス
槇原敬之の僕ら
どんなときも
槇原敬之の僕ら
世界に一つだけの花
Youtubeで音楽を
BEGIN
Youtubeで音楽を
ZARD
Youtubeで音楽を
ゴダイゴ
Youtubeで音楽を
ザ・フォーク・クルセダーズ
Youtubeで音楽を
シモンズ
Youtubeで音楽を
加山雄三
Youtubeで音楽を
加藤登紀子
Youtubeで音楽を
岩崎宏美
Youtubeで音楽を
桂銀淑
Youtubeで音楽を
ささきいさお
Youtubeで音楽を
石川ひとみ
Youtubeで音楽を
赤い鳥
Youtubeで音楽を
村下孝蔵
Youtubeで音楽を
沢田研二
Youtubeで音楽を
中島みゆき
Youtubeで音楽を
尾崎紀世彦
Youtubeで音楽を
堀内孝雄
Youtubeで音楽を
由紀さおり
小野リサ
ボサノヴァを小野リサの秘密
youtube音楽
ユーチューブ音楽ランキング


Copyright(C) Youtubeで音楽を 由紀さおり All rights reserved